お酒に強くなる方法は?

お酒に強くなる方法は? 〜漢方薬剤師がウコンサプリを辛口評価〜

ウコンの薬効で二日酔い対策を万全に!

管理人紹介&サイトの目的

こんにちわ。当サイトに訪問頂きありがとうございます。
私はこれまで20年以上にわたり、東京都内の調剤薬局・ドラッグストアでお酒に弱い多くの方に対処法を伝えてきました。これまでのアドバイザー経験の中で、「お酒って飲み続ければ強くなるんでしょ?」という医学的根拠のない迷信を信じられている方が多くいることに驚き、アルコール対策に関する正しい情報を発信する決意をしました。
当サイトでは、二日酔い予防・解消法と共にアルコール対策に有効な漢方の定番[「ウコン錠剤(サプリ)」についても紹介します。

 

1: お酒は鍛えれば強くなる!の真実

遺伝子

お酒の耐性は遺伝で決まる

お酒に強い・弱いといった体質は遺伝子によって決まる医学的に言われています。飲酒による頭痛・吐き気などを引き起こす原因は、アルコール分解時に発生するアセトアルデヒドという有害物質にあるのですが、このアセトアルデヒドを無毒化する役割を「アセトアルデヒド脱水素酵素」が担っています。

 

この「アセトアルデヒド脱水素酵素」の活性が高い人ほどお酒に強くなりますが、この酵素の活性度合は遺伝子レベルで決まります。
その為、お酒に強い両親から生まれた子は酒豪になりやすく、逆にお酒に弱い両親から生まれた子は下戸になる確率が高くなるということなんです。

 

 

データ

お酒に弱い日本人は多い!

お酒に強いか弱いかは人種で異なり、白人・黒人はほぼ100%酒豪になれる遺伝子を持っているそうです。一方、日本人のような黄色人種は、お酒に強い人は半数強、弱い人は半数弱となっています。ですから、お酒に弱いという体質は日本では決して珍しいことではないんですね。

 

全く飲めない人は約4%

また、円グラフを確認すると、お酒が全く飲めない人も約4%存在します。この4%に含まれる人は、アルコールを体が全く受け付けず、何らかの拒絶反応(赤面・蕁麻疹)が起こる可能性が高いレベルの人となります。

 

 

お酒パッチ

パッチテストでお酒耐性を知る

自分の遺伝子がお酒に強いのか弱いのか簡単にチェックする方法があります。消毒用アルコールとガーゼを使用し色の変化を確認するパッチテストの方法を、ご参考までに下記に掲載しておきます。簡単な手順ですので、自分がお酒に強いかイマイチ分からないという方は、ぜひ一度試してみてください。

 

 

独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター監修のパッチテスト


用意するのは絆創膏(ばんそうこう)と消毒用アルコール(70%)の2つ。

 

【チェック方法】 
(1)絆創膏のガーゼに消毒用アルコールを2〜3滴染み込ませる。
(2)(1)の絆創膏を二の腕の内側に貼り、7分間そのままにしておく。
(3)絆創膏をはがし、5秒以内にガーゼが当たっていた部分の肌の色をチェックする。
(4)さらに10分後、もう一度肌の色をチェックする。

 

【結果判別】 
(3)でも(4)でもガーゼが当たっていた皮膚の色が変わっていない人は“強い遺伝子”を2つ持つ酒豪タイプ。(3)の時点で赤くなっている人は下戸タイプ。(3)では変化は見られないが、(4)で赤くなっていた人は強くなれるタイプと判断できる。

 

 

悩む

お酒に弱いヒトはどうすればよい?

前述の通り、お酒に弱い・強いといった体質は遺伝レベルで決まっているため、「毎日飲む訓練を行えば強くなる!」といった類のものではありません。(また、お酒に弱い方が無理して常飲するのは体調を崩す原因となるのでやめておきましょう)

 

 

では、お酒に弱い人はどうすればよいのでしょうか?
回答はシンプルで、「お酒に強くなる」のでなく「お酒の影響を軽くする」というポリシーのもと、アルコールの適切な対処法を実践するのがベストだと考えます。

 

と言っても決して難しいことではなく、飲酒前と飲酒後のちょっとした取り組みしだいで、お酒の影響を最大限軽減することができます。

2: お酒対処法!飲酒前後に何をする?

空腹状態

空腹状態は悪酔いのもと!

「すきっ腹でお酒を飲むと酔いやすい」という噂を聞いたことのある人も多くいらっしゃるかと思いますが、あの噂に関しては事実です。空腹が悪酔いに繋がる原因は、肝臓のアルコール分解の仕組みを少々知る必要があります。

 

 

アルコール分解は糖分が必要

肝臓にはアルコール分解機能があり、分解作業中はその他の働きを停止します。肝臓は体内で吸収されたブドウ糖をグリコーゲンに変え貯蔵し、必要に応じてそのグリコーゲンを脳へ供給するのですが、分解すべきアルコール量が増えると肝臓は分解作業に集中してしまい貯蔵していた糖分を使い果たしてしまいます。脳へグリコーゲンの供給が滞ると頭痛・吐き気といった悪酔い特有の症状が現れてきます。

 

ですから、空腹状態でアルコールを一気に体内に流し込むと血液中のアルコール濃度が高まり、あっという間に酔いが回ってしまいます。そうならない為には、飲酒前に脳への栄養となる糖分を摂っておくことが重要です。

 

飲酒前にすべき対策は?

果実ジュース

糖分摂取で肝臓のアルコール分解を支援!

肝臓は、アルコール分解作業時に多量のブドウ糖を消費します。ですから、事前にブドウ糖を十分に摂取しておくことによって肝臓のエネルギー源を蓄えておくことが重要です。
ブドウ糖の摂取方法としては、果物ジュースやスポーツドリンクが吸収力に優れ効率よくブドウ糖を貯蔵することができます。

 

植物性脂肪も摂取しておく

また、ブドウ糖摂取に加え、可能であれば植物性脂肪も摂取しておくと、より一層悪酔い防止効果が期待できます。植物性脂肪は消化に時間を要する性質を持っており、前もって取り入れておくことで、アルコールが体内で急激に吸収される事態を防ぐことができます。
植物性脂肪の摂取方法としては、アーモンドやチョコレートなどが手軽かつ高い効能が期待できます。

 

 

飲酒中にすべき対策は?

大豆

お酒をゆっくり飲むことで肝臓の負担を軽減!

アルコールは体内で急速に吸収されると肝臓への負担になるので、お酒はゆっくり飲むことを心掛けましょう。また、お酒をハイペースで飲むと、肝臓でのアルコール分解作業が追い付かなくなり、急性アルコール中毒を引起こす危険性もありますので、自分にとって無理のないペースを守りましょう。

 

おつまみを食べることも重要!

タンパク質が豊富なおつまみを食べることは、アルコールの吸収をゆるやかにすることに繋がります。中でも、お勧めしたいのは枝豆です。枝豆には、タンパク質や鉄分はもちろんのこと、アルコール分解を促すビタミンB1や、肝臓機能を向上させるコリンなどの栄養成分が豊富に含まれています。他には、魚の干物や豚肉もタンパク質が豊富に含まれるでお勧めです。

 

 

飲酒後にすべき対策は?

水分補給

飲酒によって多くの水分と栄養素が失われる!

二日酔いの原因として、脱水症状も大きく影響しています。飲み会後に、やたら喉が渇くといった経験はないでしょうか?
原因は、アルコールを摂取すると50gにつき約600〜1,000mlもの水分が失われると同時に、カリウム・ナトリウム・糖分といった体の健康を保つの上で大切な栄養素も流出してしまう為です。

 

スポーツドリンクで水分・栄養素を補給!

脱水症状を防ぐためには、カリウム・ナトリウム・糖分をバランスよく含むスポーツドリンクが有効です。就寝前には、コップ1杯分飲むだけで翌日の寝起きのスッキリ感が違ってきますので、ぜひ忘れずに実践していただきたいと思います。
また、十分な睡眠はアルコール分解を促し、分解作業で疲労した肝臓を休ませます。ですから、飲酒で肝臓を酷使した夜はしっかりと睡眠をとることを心掛けましょう。

3: お酒対策ドリンクの効果は?

市販品

お酒対策ドリンクの真実

最近では、コンビニや薬局で色々な種類のアルコール対策ドリンクが販売されてます。ウコンの力やヘパリーゼなんかはその代表格で、多くの人がご存じだと思います。こういったアルコール対策ドリンクの効果については人によって意見が異なりますが、、管理人の見解では「・・・」というのが本音です。

 

研究データの不明確さ

例えば、ウコンの力とヘパリーゼについては、販売元のハウス食品とゼリア新薬の公式ホームページから臨床試験データの閲覧が可能となっていますが、検証結果が曖昧で有効性についてハッキリとしない部分が見受けられます。また、含有成分についても添加物が多くなっており、肝心のウコンの主成分クルクミンの品質がどこまで確保されているのか疑問が残ります。

 

そういった事情もあり、錠剤型のウコンサプリのほうが圧縮成形で添加物も含まれておらず、純粋にウコン成分のみを摂取できるので確実性が高いというのが管理人の見解です。

4: お酒対策に有効なウコンの効能とは?

漢方薬にも使用されるウコン

近年、国内の研究機関や食品メーカーが、改めてウコンの効能に注目し始めました。理由は、ウコンにはアルコール対策の特効薬として使用されるだけでなく、胃薬や強心薬などの生薬として用いられるほどの高い健康効果がある為です。

 

 

ウコンに含まれる主成分クルクミンは、主に3つの効能があります。

  • 肝機能の強化・・・アルコール分解を促し、悪酔い・二日酔いを防ぐ。
  • 胆汁の分泌促進・・・アセトアルデヒドの無毒化、コレステロールの低減効果。
  • 抗酸化作用・・・肌を老化させる活性酵素を排除し、美肌を保つ。

アルコール対策として実力を発揮するのが「肝機能の強化」「胆汁の分泌促進」の効能です。

 

 

うこんサプリ

ウコンの摂取は錠剤(サプリ)で!

前述の通り、ウコンドリンクは添加物が多く、ウコンの主成分クルクミンの品質・含有量についても不透明な部分が多いので、個人的にはあまりお勧めしていません。ウコンを摂取する方法としては、粉末や錠剤(サプリ)などがおすすめです。錠剤(サプリ)はカプセルよりも圧縮成形タイプがより望ましいです。

 

圧縮成形されたウコンの錠剤(サプリ)は、いわば「天然成分のみで作られたクスリ」と言っても過言ではないので、アルコール対策として高い効果が期待できます。

5: ウコンサプリ売れ筋6つを比較!

最近では、ウコンに含まれるクルクミンの効果・効能が改めて注目されたことで、多くのメーカーがウコンサプリメントを販売しています。しかし、メーカーによってウコンの原産地、品質、価格、購入頻度にもバラつきがあります。

 

ウコンサプリをアルコール対策として摂取するのであれば、毎日服用するという訳ではないと思うので、定期購入を利用するメリットはあまりないと思います。

 

特にウコンサプリを初めて試す方は、1ヵ月分の単品やお試しパック等を購入してまずはウコンが自分に合うものか確認することをオススメします。

 

ここでは、管理人が世間の売れ筋ウコンサプリを比べ評価してみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

※赤字は評価が高いポイント

項目
ゲンキウコン

活性ウコン

琉球ウコン

濃縮ウコン

素敵ウコン

秋ウコンホワイト
販売元

すこやか工房

ハウス

やわた

アサヒ

健康家族

日本サプリメント

1ヵ月分
(税込)

3,780円

2,057円

2,000円

2,800円

1,814円

2,970円

お試しパック

なし

なし

あり
(ハーフ)

なし

なし

なし

1回分の
クルクミン含有量
60mg
(12mg×5粒)
30mg
(10mg×3粒)
60mg
(20mg×3粒)
50mg
(13mg×4粒)
35mg
(35mg×1粒)
50mg
(50mg×1粒)
ウコン原産国

インドネシア産

インド産

沖縄産

不明

インド産

不明

評価

 

6: ウコンサプリをベスト3で順位付け!

ウコンサプリは「安全性」「品質」「価格」が重要です

サプリ選択の重要ポイントは「安全性」「品質」「価格」の3つです。この3つのポイントから、6つのウコンサプリの比較結果をもとベスト3で順位付けしてみましたのでチェックしてみてください!

 

 

 

 

 

<琉球ウコンの特徴>
  • 安心のやわた物産が製造
  • 土壌にこだわった高品質ウコン
  • 沖縄産・無農薬で安全性◎
  • クルクミン1粒20mgと高濃縮
  • ハーフパック(15回分)有り
  • 税込1,000円(送料無料)
  • 圧縮成形でウコン成分そのまま
安全性 品質 価格

評価5

 

国産・無農薬で安全性◎

評価5

 

1粒20mgと高濃縮率

評価4

 

ハーフパック税込1,000円

 

高品質ウコンを手頃に摂取!

 

大手健康食品メーカーの八幡(やわた)物産が取り扱っているウコンサプリメントです。
やわたはサプリメントに限らず品質の高い商品が多く、商品開発力に優れた企業です。
また、やわたと言えば船越英一郎さんがイメージキャラクターとして起用されていますね。

「安全性」の評価は?

『琉球ウコン』の原料であるウコンは、沖縄・奄美大島で無農薬栽培にこだわって育てられたものです。また、サプリメントの製造は、GMP(食品の品質認定基準)をクリアした国内工場で行われています。

「品質」の評価は?

通常、ウコンは同じ畑で毎年収穫されますが、『琉球ウコン』に使用されるウコンは、同じ畑で収穫するのを2年に1度とし、1度収穫したら1年以上休耕して栄養分を蓄えさせます。こうすることで、通常よりも栄養成分をタップリ含んだウコンに成長します。結果、『琉球ウコン』1粒のクルクミン濃縮率は1粒20mgと非常に高いです。(※他社相場は1粒15mg)

「価格」の評価は?

『琉球ウコン(ハーフパック)』は15回分で税込1,000円(送料無料)と手軽に試せます。1回3粒で換算すると約66円ですので、コストパフォーマンスがとても高いウコンサプリですね。

総評

『琉球ウコン』の粒は、粉末をカプセル成形ではなく、圧力をかけて圧縮成形した錠剤となっているため、ウコン成分ほぼそのものです。漢方薬剤師としての立場から『琉球ウコン』を評価しても、品質・安全性・価格の3点で最も優れているウコンサプリで自信を持ってお勧めできます。

 

 

 

 

 

 

<活性ウコンの特徴>
  • 食品メーカーハウスが販売
  • インド原産秋ウコン使用
  • ピペリンで吸収力アップ!
  • クルクミン含有量1粒10mg
  • 1ヵ月分 税込2,057円
安全性 品質 価格

評価5

 

GMP認証工場で製造

評価4

 

インド原産秋ウコン利用

評価4

 

1ヵ月分 税込2,057円

 

ハウスが取り扱うウコンサプリ!

 

『天然効果 活性ウコン』は大手食品メーカーハウス食品が取り扱っているウコンサプリです。
ハウス食品はカレールー開発でターメリック(ウコン)の研究を長年行ってきた実績と研究施設があり、高品質なサプリメントの製造を行っています。

「安全性」の評価は?

ハウスではサプリメントの製造から販売まで一貫した体制を整備しており安全性は高いです。

「品質」の評価は?

インド原産ウコンを使用。ハウスのカレールーにも使用されているターメリック(ウコン)と同じ原産地のようです。クルクミン含有量は、1粒10mgと他社と比べて平均的です。

「価格」の評価は?

1ヵ月分税込2,057円(送料別途)となっており、ウコンサプリの中では良心的な価格です。

総評

大手食品メーカーのハウス食品が取り扱っている為、商品に対する安心感があります。ただし、ウコンの原産地はインドであり、サプリメント1粒に含まれるクルクミン量も平均的なため、『琉球ウコン』と比べると少し見劣りする感じは否めません。とは言うものの、他社が販売しているウコンサプリよりはリーズナブルかつ高品質な一品と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

<ゲンキウコンの特徴>
  • インドネシア産クスリウコン使用
  • クルクミン含有量 1粒12mg
  • 定期初回980円(以降3,150円)
  • 送料無料
安全性 品質 価格

評価5

 

GMP認証工場で製造

評価4

 

インドネシア産クスリウコン

評価3

 

定期購入 初回税込980円

 

インドネシア原産のクスリウコン使用!

 

「安全性」の評価は?

GMP認証取得済みの国内工場で、サプリ製造を行っています。

「品質」の評価は?

ウコンの中では希少とされる、インドネシア原産のクスリウコンを使用しています。
クルクミン含有量は、1粒12mgと同業他社と比べると平均的です。

「価格」の評価は?

定期購入のみとなっています。 初回は税込980円で、2回目以降は3,150円と少々高めです。

総評

一般的なウコンサプリです。品質と価格ともに一定レベルをクリアしています。

 

 

 

7: まとめ

やたわ公式サイト

自信をもって勧められるウコンサプリ

やわたの『琉球ウコン』は、漢方薬剤師の視点からチェックしても、ウコンの品質・含有量ともに最高レベルだと考えます。また、値段も手頃でお試しパックがあるものポイントが高いです。管理人が薬・サプリをお勧めする際は、市販品や通販など一般の方が手に入りやすいモノに限定しているのですが、『琉球ウコン』は自信を持ってお勧めできます。

 

ウコンを活用して効果的なアルコール対策を!

ウコンの主成分クルクミンは正しく摂取すれば、お酒に弱い方にとって強い味方になります。
実際に、ウコンサプリを活用してアルコール対策を実践された方の体験談も掲載していますので、宜しければ合わせてチェックしてみてください!

 

>> 下戸の会社員が『琉球ウコン』でアルコール対策を実践!

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ウコンの基礎知識 40代男性下戸克服モニター体験 知っとく情報